名古屋市電子申請サービス


利用規約

1 目的
この規約は、名古屋市電子申請サービス(以下「本サービス」という。)を利用して名古屋市に申請手続を行うために必要な事項について定めるものです。

2 利用上の注意
名古屋市は、この規約及び「利用手引き」の手順に従って使用する方(以下「利用者」という。)に対し、本サービスを提供します。本サービスを利用される前には必ずこの規約を確認し、この規約に同意したうえで本サービスの利用をお願いします。 なお、本サービスを利用された場合は、この規約に同意したものとみなします。

3 知的所有権
本サービスに含まれているプログラム及びその他著作物に関する著作権、著作者人格権並びにそれに含まれるノウハウ等の知的所有権は、名古屋市に帰属し、国際著作権条約及び日本国の著作関連法令によって保護されています。
本サービスに含まれているプログラム及びその他著作物については次のように扱うものとします。
(1) 利用者は規約に従ってサービスを利用するためにのみ使用すること。
(2) 修正、複製、改ざん、販売等を行わないこと。またリバースエンジニアリングを行わないこと。
(3) 目的の内容にかかわらず、第三者に貸与、譲渡、並びに担保の設定にしないこと。

4 禁止事項
本サービスの利用においては、次の行為を禁止します。
(1) 本サービスを名古屋市への申請手続以外の目的で利用すること。
(2) 本サービスに対して、不正な手段でアクセスすること。
(3) 本サービスに対して、ウィルスに感染したファイルを送信すること。
(4) 他の利用者のパスワード及び受付番号を不正に使用すること。
(5) 本サービスの管理及び運営を妨害し、又は本システムを破壊すること。
(6) その他法令等又は公序良俗に反すると認められる行為をすること。
(7) その他本サービスの円滑な運用を阻害するような行為をすること。

5 パスワード及び受付番号の管理
本サービスの利用に当たって、申請時に利用者本人が登録する「パスワード」及び申請後に利用者に通知する「受付番号」は利用者のデータ保護に不可欠なものです。利用者は次の点に注意し、利用者本人の責任において厳重に管理してください。
(1) パスワード及び受付番号は他人に知られないように管理してください。
(2) 第三者に開示又は使用させないでください。また、第三者への漏洩防止に努めてください。
(3) 他人からのパスワード及び受付番号の照会には応じないでください。
(4) パスワード及び受付番号を紛失した場合は速やかに指定の問い合わせ先に連絡し、その指示に従ってください。
名古屋市は、これら厳重に管理されたパスワード及び受付番号により行われた手続について本人により行われたものとみなします。また、本サービスで収集した個人情報については、本サービスの目的以外での利用及び提供は行いません。

6 サービスの利用時間
本サービスの利用時間は、午前5時から翌日午前2時までです。ただし、次に掲げる場合、名古屋市は、利用者への事前の通知を行うことなく、本サービスの運用の停止、休止、中断又は制限を行うことがあります。
(1) 本サービスの機器メンテナンス等を行う必要のある場合
(2) 本サービスの利用が著しく集中した場合
(3) 本サービスに重大な障害その他やむを得ない理由が生じた場合
(4) 天災、事変など、非常事態が発生した場合

次へ
電子申請サービストップページ